Blog Top
Such is Life

顎関節症 01

ここ数日、あごが痛い。40肩とか膝が痛むとかと同様、トシ相応にあごの関節がいたんでるのかと思いつつ、食べる時以外は気にならないのでそのうち治るかなとほっといてたが、ことはそう簡単ではないようで・・・

おちょぼ口でしか食べられないから、ちょっとしたランチでも30分以上かかるし、ごはんが口からこぼれたりして情けない状態になってきた。当然、食べるのが億劫になってくる。

(魚の目やおできとか虫歯とか・・・)いじましい病気は別として健康、特に胃腸には変な自信があって、妻によく「歳とって、どこもかしこも衰えて、金も無く、頭もぼけてるのに、メシメシと食欲だけ残ったら、そんな人は面倒みてやらん」と言われていたのに、頭はともかくとして、最後の砦(^_^;)の食欲があやしくなってきた。

仕方なく、ネットで"顎関節症"を検索。いきなり

原因治療を行わない限り 顎関節症は永久に治すことはできません。 今すぐお読み下さい!

ときた。

くわしくは、 バイオプレート治療/顎関節症は・・・ を見ていただくとして、

末期症状になると

  • ◆口が5mm以上開かなくなる(開口障害)
  • ◆情緒不安定になりパニック症・鬱病になる
  • ◆免疫力が低下し、アトピー、喘息、膠原病などの病気になる
  • ◆頚椎・せき髄の変型から腰痛が悪化し、寝込んだままになる
  • ◆自律神経失調症がすすみ、精神的な異常(ノイローゼ)になる
  • ◆脳への血流低下により認知症になる

とまで書かれている。

このままでは妻の言ったとおりになってしまうので、とりあえず、病院をさがそう・・・悲しい

2013.09.10 | Trackback(0)

お名前: 

←「ひとこと」と入力してから送信ボタンをクリックして下さい。